〒386-0018長野県上田市常田3-4-14第二陽光ハイツtel:0268-75-7383fax:0268-29-1021mail:nagano-taku-gh@bz03.plala.or.jp
nagano-taku-gh@bz03.plala.or.jp

現在「宅幼老所」と認識されている施設には、単なる小規模通所介護事業所から通い・泊まり・訪問まで対応している小規模多機能、またはグループホームなど様々な運営形態の事業所が混在しています。また地域によって介護基盤の整備状況や生活支援サービスを含む在宅サービスのニーズが異なります。それらの背景から様々な利用者のための「さらなる安心安全なサービス」を提供できる事業所の必要性がますます増加してきています。

以上を踏まえ地域の生活支援の担い手となり、「福祉よろず拠点」として機能強化を目指す小規模事業所を対象として「ステップアップ研修」を実施することになりました。

本事業は「長野県地域医療介護総合確保基金事業 宅幼老所機能強化事業」の補助金を受けて、NPO法人 長野県宅老所・グループホーム連絡会が実施します。

研修の説明PDF ステップアップのイメージ図

研修の概要   研修の日程   よくある質問

StepⅡ A 基礎研修〜地域支援機能編 StepⅡ B 基礎研修〜共生ケア機能編 StepⅡ C 基礎研修〜認知症支援機能編

◆ 全日程受講後

StepⅡ・Ⅲ研修を全日程受講し、「福祉よろず拠点」としての事業所の「パートナーシップ宣言」を完成させます。

完成した「パートナーシップ宣言」は、長野県が公表します。

◆ 受講資格

介護保険法または障害者総合支援法の基準を満たしている事業所の、管理者、生活相談員、計画作成者、またはそれに準ずる方で、意欲のある方。

◆ 注意事項

  • 所属する事業所等の名称に「宅老所」「宅幼老所」を使用していなくとも受講可能です。
  • 事業所の「パートナーシップ宣言」を長野県が公表するためには、少なくとも1名は全研修を受講することが必須です。(それぞれの研修を複数で個別に受講は可能ですが、公表の要件はみたしませんのでご注意を!)
  • 公表内容は年度ごとに見直し、評価する予定です。また、更新の際には全研修を受けた人が配置されているかが要件になる予定です。研修受講者が退職した事業所は再度受け直しが必要です。

よくある質問

研修の概要

研修時間は StepⅡが 5時間×3日間、StepⅢが 5時間×6日間+県の研修 です。

StepⅡ よろず支援機能・基礎研修

地域の生活支援の担い手として、よろず支援(介護、看取り、育児など)に対応する人材を育成するための、基礎的知識を習得する。

  • ●「よろず支援機能・基礎研修」を全日程受講し、本来の「宅幼老所」として活動できる運営ベースをつくる。
  • ● 終了時に、事業所の取り組むべき目的・方向性を決め地域との「パートナーシップ宣言」の骨子を作成する。

「公表」を目指す場合は下記のA,B,C すべて受講すること(5時間×3日間)

  • A 基礎研修〜地域支援機能編  5時間×1日
  • B 基礎研修〜共生ケア機能編  5時間×1日
  • C 基礎研修〜認知症支援機能編 5時間×1日

StepⅢ よろず支援機能・応用研修

地域の「小さな福祉拠点」として、様々な困りごとに幅広く対応できるよう、必要な実践力・コーディネート力を習得する。

  • ● 「よろず支援機能・応用研修」を全日程受講して、高齢者・障がい者・子ど も支援について幅広く相談に応じたり、実際に活動に結びつけられる知識、 実践力の向上を目指す。
  • ● 全日程受講後は、「福祉よろず拠点」としての「パートナーシップ宣言」を 完成させ、それを長野県が公表する。

「公表」の場合は下記のD,E,Fすべて受講すること(5時間×6日間+F研修)

  • D 応用研修〜生活支援計画作成研修 5時間×3日
  • E 応用研修〜共生ケア研修     5時間×3日
  • F 応用研修〜生活支援コーディネーター研修(長野県が実施)

研修の日程

StepⅡ A 基礎研修〜地域支援機能編(1.か2.を受講)

1. 長野会場 7月3日(月)10:00〜16:00

2. 岡谷会場 7月4日(火)10:00〜16:00

StepⅡ B 基礎研修〜共生ケア機能編(1.か2.を受講)

1. 長野会場 8月22日(火)10:00〜16:00

2. 松本会場 8月23日(水)10:00〜16:00

StepⅡ C 基礎研修〜認知症支援機能編(1.か2.を受講)

1. 長野会場(予定) 9月14日(木)

2. 塩尻会場(予定) 9月15日(金)

StepⅢ D 応用研修〜生活支援計画作成研修

10月18日, 11月15日, 12月21日 会場未定

StepⅢ E 応用研修〜共生ケア研修

1月26日, 2月15日, 3月 会場未定

StepⅢ F 応用研修〜生活支援コーディネーター研修

長野県の予定による

◆ 研修要綱

申込について

先着順で受け付け、定員に達し次第、締め切ります。

申し込み後に受講票をFAXでお送りします。当日受付にお持ちください。おおむね開催日の 1 週間前までに受講票が届かない場合は、お手数ですが、事務局までお問い合わせ(電話 0268-75-7383)ください。

 StepⅡ A よろず支援機能・基礎研修〜地域支援機能編

宅幼老所が地域包括ケアシステムの中でどのような役割を担っていくのかを総合的に学ぶ

※ 1.か2.のどちらかを受講下さい。

事前課題 があります。ご注意下さい。

1. 長野会場 7月3日(月)10:00〜16:00

長野市生涯学習センター大学習室1(長野市鶴賀問御所町1271-3 TOiGOWEST)

2. 岡谷会場 7月4日(火)10:00〜16:00

岡谷市諏訪湖ハイツ202号(岡谷市長地権現町4-11-50)

講師  宮島 渡 氏  (当連絡会 理事長、社会福祉法人恵仁福祉協会 常務理事)

定員  1.2.合わせて 50名

参加費 5,000円(当日受付でお支払いください。振込の対応はしておりません)

申込  6月28日(水) までに申込書をFAX(0268-29-1021)でお送りください。

 

StepⅡ B よろず支援機能・基礎研修~共生ケア編

宅幼老所の本来の目的であった、「老いも若きも誰でも」の精神である「共生ケア」の基礎を学ぶ

※ 1.か2.のどちらかを受講下さい。

1. 長野会場 8月22日(火)10:00〜16:00

長野市生涯学習センター(長野市鶴賀問御所町1271-3 TOiGOWEST)

2. 松本会場 8月23日(水)10:00〜16:00

JA松本市会館 501大会議室(松本市深志2-1-1)
※施設専用の駐車場はありません。公共交通機関をご利用ください。

講師   惣万佳代子 氏  (NPO法人デイサービスこのゆびとーまれ 理事長)

定員   1.2.合わせて 50名

参加費  5,000円(当日受付でお支払いください。振込の対応はしておりません)

申込

StepⅡ C よろず支援機能・基礎研修~認知症地域支援編

今後ますます重要になる、地域でより良く生活出来るような認知症高齢者の支援の基礎を学ぶ

※ 1.か2.のどちらかを受講下さい。

1.  長野会場(予定) 9月14日(木)

2.  塩尻会場(予定) 9月15日(金)

講師   田中正廣 氏  (NPO法人グループもみじ 代表)

定員   1.2.合わせて 50名

参加費  5,000円(当日受付でお支払いください。振込の対応はしておりません)

◆ よくある質問

<Q>法人に研修の全日程受講者(以下修了者とする)1名が所属していれば、法人の全事業所が県のパートナーシップ宣言公表対象になるか?

<A>県が公表する事業所には、研修の修了者1名が必ず1名以上所属している必要があります。また法人に1名ではなく、各事業所に1名が必要です。

<Q>修了者が異動・退職した際にはパートナーシップ宣言の公表はどうなるか?

<A>修了者が異動・退職した翌年度からは、県はその事業所のパートナーシップ宣言を公表することはできません。なお修了者の異動先の事業所は、公表対象の事業所となります。

<Q>今年度に受講できなかった研修があるが、翌年度以降に追加で受講すれは、公表要件になるか?

<A>今年度受講した研修は、次年度までは受講歴が引き継がれます。未受講の研修を次年度に追加ですべて受講いただければ、県が公表する事業所となります。それ以降は無効になります。各研修終了後にお渡しする「受講証明書」を大切に保管下さい。

↓